活動

全国大会・総会 | ヤングスピーチ・コンテスト | パートナーシップ・エバリュエーション賞
ブロック研究会単位クラブ次代を担う女性たちへの支援活動
APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)関連事業日本女性指導者育成事業(JWLI)
ジェンダーギャップ指数(GGGI)
国際活動男女共同参画に関する最近の活動調査・出版・広報活動
東日本大震災復興支援事業イコール・ペイ・デイその他の活動

全国大会・総会

イメージ

年1回各クラブが持ち回りで総会とあわせて全国大会を開催。統一テーマに基づいた講演・フォーラム・シンポジウム・懇親パーティなどを行っています。
下記ニュース・レターのバックナンバーで、各年度の総会のレポート(PDFファイル)がご覧いただけます。

■第47回・大阪大会 2012年6月9日~10日  レポート (ニュースレターVol. 106)
■第46回・山梨大会 2011年6月4日~5日  レポート (ニュースレターVol. 102)
■第45回・長崎大会 2010年6月12日~13日  レポート (ニュースレターVol. 99)
■第44回・札幌大会 2009年2月14日~15日  レポート (ニュースレターVol. 96)
■第43回・福岡大会 2008年2月16日~17日  レポート (ニュースレターVol. 92)
■第42回・和歌山大会 2007年2月24日~25日  レポート (ニュースレターVol. 87)
■第41回・東京大会 2006年2月18日~19日  レポート (ニュースレターVol. 84)
■第40回・仙台大会 2005年2月26日~27日  レポート (ニュースレターVol. 81)
■第39回・名古屋大会 2004年2月21日~22日  レポート (ニュースレターVol. 76)


ヤングスピーチ・コンテスト

イメージ

あらゆる場面で、気軽に自分の意見をわかりやすくスピーチできるこれからの女性を育てることをBPWの社会貢献のひとつと考え、毎年、国内5ブロックで代表を選考し、日本BPW連合会の全国大会で最終選考を行っています。詳しくはこちらをご覧下さい。


パートナーシップ・エバリュエーション賞

イメージ

NGOとGOとの新しい関係が求められるなかで、行政の女性政策をNGOの視点で評価するもの。原則として毎年、大会開催地の行政者を対象に行います。詳しくはこちらをご覧下さい。


ブロック研究会

全国を5つのブロックに分けて統一テーマに基づいての研究会を行います。各ブロックの趣向でシンポジウム・フォーラム・セミナー・講演会などの形式をとり、一般公開されることも多くあります。 開催予定は最新情報でその都度告知しています。

※2011年度ブロック研究会報告 【ニュースレター Vol. 104/PDF・1.3M】
※2010年度ブロック研究会報告 【ニュースレター Vol. 101/PDF・1.3M】


単位クラブ

基本的に月1回の例会を行います。例会の内容は、各クラブが自主的に決定し、働く女性を取り巻く諸問題・地域の課題などに取り組みます。例会の他にバザー・セミナー・パーティなど企画。広報誌を発行するクラブも多くあります。


次代を担う女性たちへの支援活動

イメージ

Young BPWは主に20~30代を中心とする会員によって構成され若い世代が抱える課題に取り組んでいます。国内では、ヤングスピーチ・コンテストCSW(国連女性の地位委員会)インターン派遣事業を行うほか、国際的な活動にも積極的に取り組んでいます。
HOME
HOME


APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)関連事業

イメージ

第15回APEC女性リーダーズネットワーク(WLN)

企画運営委員に連合会理事長が、そして国際委員長が実行委員として参画、BPWは全体会のパネル・ディスカッション「女性たちによる経済活動創造への挑戦」を担当、BPWインターナショナル会長をコーディネーターに迎え大好評を得ました。
※レポートはこちら
HOME

「女性と経済~地域を変える女性起業家たち」in 仙台(2011・11/27)

APEC・WLNの関連事業として、食を中心とした農村女性の起業活動や地域活性化についてのシンポジウム開催しました。 <内閣府との共催事業>
※レポートはこちら 【ニュースレター Vol. 101/PDFファイル・1.3M】

APEC「女性と経済サミット」

2011年9月にサンフランシスコで開催されたAPEC「女性と経済サミット」にはBPWから日本代表団の一人をおくり、10月には東京で緊急報告会を開催しました。

日本女性指導者育成事業 (JWLI)

イメージ

アメリカ・ボストン在住の日系事業家が日本の女性たちのために創設した研修事業と提携し、フェローを公募・選考し、米国マサチユ―セッツ州 シモンズ・カレッジでの研修に派遣。また、国内においてJWLIフォーラム「女性のリーダーシップの役割」を開催しています。

HOME
2012年10月JWLIフェローの報告会を東京で開催しました。

HOME ※詳しくは左のバナーをクリックして下さい


2012年JWLIフォーラム 「女性の力が社会に生かす」

イメージ

4月7日(横浜)
基調対談 林文子・横浜市長とフィッシュ厚子氏

フォーラム案内チラシ (PDFファイル/513KB)


イメージ

4月8日(和歌山)
トークセッション

フォーラム案内チラシ (PDFファイル/383KB)


◎2012年JWLIフォーラムの報告はこちら (2012/6/20 掲載)


国際活動

日本BPW連合会では、BPWインターナショナル・コングレス、アジア太平洋地域会議に参加するほか、他国BPWの年次大会への出席、隣国のクラブとのトゥイニングを進めています。

HOME
写真左から:
BPWコングレス ヘルシンキ大会 〔2011年6月16~19日 ヘルシンキ(フィンランド)〕
台湾BPW全国大会 〔2011年12月17~19日 イーラン(台湾)〕
ネパ・クラブ15周年記念集会 〔2012年9月13~19日 サンクトぺテルブルグ(ロシア)〕

BPWトゥイニング

・2008年11月: BPW東京クラブ・BPWソウルクラブ(韓国)
 ※最初のミーティングは2009年10月東京で開催されました。
・2009年09月: BPW長崎クラブ・BPWインチョンクラブ(韓国)
・2012年12月: BPW大阪クラブ・BPW桃園クラブ(台湾)
・2012年12月: BPW京都クラブ・BPW台北クラブ(台湾)
 
 ※写真上: 2012年12月台湾での調印式


男女共同参画に関する最近の活動

ワーク・ライフ・バランス・リレー・シンポジウム 全国5都市で開催(2007年度) <内閣府との共催事業>

全国のワーク・ライフ・バランス促進のための関施策や予算に関するアンケートの実施(対象:各都道府県及び政令指定都市) ※2010年7月10日終了
HOME


HOME
「国・地方連携ネットワークによる男女共同参画・子育て支援事業」、「落語と講談で聴くワーク・ライフ・バランス&シンポジウム~私らしく生きるために」を和歌山、札幌、東京で開催(2009年度) <内閣府との共催事業>

イメージ

2011年12月17日(土)には、シンポジウム「香川発!女性と経済活動~ネットワークづくりが女性の経済活動支援する」を開催 <内閣府との共催事業>


2012年11月25日(日)、内閣府・BPW共催シンポジウム「ポジティブ・アクションを理解し行動するために」& ヤングスピーチコンテスト関東・山梨地区大会を開催しました。 HOME
写真上: パネルディスカッション「女性がトップになったら」

HOME ※詳しくは左のバナーをクリックして下さい


WEPs

WEPsとは、女性のエンパワーメント原則(Women's Empowerment Principles) のことで、2010年3月に、国連のグローバル・コンパクト(UNGC)とUNIFEM(現 UN Women)が共同で作成しました。企業がジェンダー平等と女性のエンパワーメントを経営の核として取り組むことで企業の活力と成長を目指し、女性の経済的エンパワ-メントを推進させるための原則をうたっています。私たち日本BPW連合会は、この「WEPs」の促進に努めています。
※詳しくは左のバナーをクリックして下さい



調査・出版・広報活動

■連合会として会報(年1回)、およびBPWニュースレターを発行しています。
※詳しくは下記バナーをクリックして下さい
ニュースレター

これまでの出版物

 ■ハイクラス女性の職業
 ■新時代の女子労働 (30年誌)
 ■女性が輝く時代
 ■全国自治体男女平等度調査結果 (2000年)
 ■日本BPW50周年記念誌 「BPW半世紀の活動から、働く女性として何を伝えるべきなのか・・・
  《これからの働き方を考える》」 (2010年) など
 ■「3.11女たちが走った~女性から始まる復興への道」(2012年)


東日本大震災復興支援事業

2011年3月11日に発生した未曾有の大災害からの復興を支援するための活動を行っています。
※詳しくは下記バナーをクリックして下さい
東日本大震災支援金受付

2012年 巨大災害に直面した女たちが、支援に、そして復興に向けて、何を考え何をしたのか、BPW連合会の活動の記録を出版しました。
「3.11 女たちが走った 女性からはじまる復興への道」



イコール・ペイ・デイ

男性の1年より余計働いて、女性が男性1年分の賃金と同額を手にする日、それが「イコール・ペイ・デイ(=同じ賃金を手にする日)」。男女間の賃金格差について考える世界規模のキャンペーンに私たちも取り組んでいます。
※詳しくは下記バナーをクリックして下さい
イコール・ペイ・デイって何?


その他の活動

ベストメン賞

1985年の国際婦人年を期にスタート。毎年「平等・開発・平和」および女性の地位向上に貢献した男性を女性の目で選び、全国大会にて贈呈式を行います。(終了)
※詳しくはこちらをクリックして下さい

北京+10に向けて

1995年の北京会議で採択された行動綱領がこれまで、各国によってどのように成果を上げてきたか、或いは後退しているかをチェックするのが「北京+10」の課題です。日本BPW連合会では全国の会員に『12項目の中で、日本としてこの10年間に進歩したと思うのは何か、他国の例であっても進歩したと思えるのは何か、後退していると思えるのは何か』について意見を募りました。アンケート結果(2004年7月)はこちらから見られます。
北京+10