GGGI

ジェンダーギャップ指数(GGGI)改善に向けて

日本BPW連合会は、ジェンダーギャップ改善に向け、世界経済フォーラムが2006年以降毎年公表しているジェンダーギャップ指数(GGGI)に注目し、2014年より関連イベントを実施すると共に、その議論から提言をまとめて関係方面に提出している。


ジェンダーギャップ指数(The Global Gender Gap Index =GGGI)とは

男性と女性の格差の指数で「世界経済フォーラム(ダボス会議)」が男女格差の解消が世界経済の発展につながるとして、格差解消に役立てる資料として、国別・地域別に、経済・政治・教育・健康維持の4項目を算出根拠として2006年より毎年公表。
これは、男女の格差を経済的分野、政治的分野、教育の分野、そして健康に生きるという分野の4つの分野に分けて、それぞれ男女の格差を設定しうる項目をあげ、女性vs男性(男性100に対する女性の割合)ということで項目ごとに、男女格差の数値を計算している。もし女性=男性、男女平等が実現したらその数値は1となる。各項目の数値が1に近いほうが「男女平等度が高い」という目安である。
さらにその数値に国別順位をつけているが、これは順位競争を促すというより、順位向上に向けて、それぞれの改善努力を促すためとされている。



■各種資料

◎2017GGGI速報(1.19MB/PDFファイル)

GGGIパネルトーク&ディスカッション資料より
◎2017GGGI概要(448KB/PDFファイル)

分野別資料
 ・政治(420KB/PDFファイル)
 ・経済(1.55MB/PDFファイル)
 ・教育(1.9KB/PDFファイル)
 ・健康(1.18MB/PDFファイル)


■イベント

2017GGGIパネルトーク&ディスカッション開催
男女格差の解消を目指してpart5
2017年の男女格差指数(GGGI) 日本は過去最低の114位? この格差の原因はどこに?

主催:認定NPO法人日本BPW連合会
後援:クオータ制を推進する会
日時:2017年11月25日(土)13:30~16:30
会場:婦選会館多目的ホール(渋谷区代々木)
※イベント報告は、後日掲出予定


ジェンダーギャップ指数(GGGI)改善に向けてイベント 開催・提言

このイベントは、「政治・経済・教育・健康」という、GGGIの評価テーマ別に、4人のパネリストによる発言と会場参加者との課題解決に向けての意見交換を経てパネリストと共に「提言」をまとめ、関係省庁及び関係各所へ提出することで、男女の格差を減らし、GGGIの数値を1に近づけるための方策を探し、提言し、関係者の協力を求めるためのものである。


■過去の資料

◆2017年2月
男女格差の解消を目指して Part4 衝撃の111位!! 何とかしたいと思いませんか?

2016年の日本の男女格差指数(GGGI)は111位 、2015年の101位からさらに後退しました。
開催日時:2017年2月25日(土)13:30~16:30
会場:婦選会館多目的ホール(渋谷区代々木)

◎『2016年速報』(776KB/PDFファイル)

◆2015年2月
"『まだ104!?』 ~女性が輝く時代??104位はまずいでしょ~"

2014年の日本のジェンダーギャップ指数は、0.685.つまり政治・経済・教育・健康の各分野を総合して、日本女性は男性が手にしているものの68.5%しか得ていないのである。(ちなみに世界1位のアイスランドは85.9%)
どうすればこの142か国中104位という不名誉な最下位グループからの脱出が可能か。女性だけではなく、男性たちも日本に見られるこのような格差の解消に力を貸してほしいとの願いを込めてこの提言をまとめた。

◎『2015年2月提言・報告書』(921KB/PDFファイル)

◆2015年11月7日
男女格差の解消を目指して Part 3「今年は 〇位!?」開催

例年10月にデータが公表されるところが、今年はイベント後の11月18日公表となったため、当日は各分野の専門家による日本の現状報告とジェンダーギャップ解消に向けた意見交換を実施。

◎『GGGI 2015 速報』・2015/11/18(671KB/PDFファイル)

◆2014年9月
ジェンダーギャップを解消するために「105位からの挑戦」

2013年の日本のジェンダーギャップ指数(GGGI)が136か国中105位(2013年)の現状をふまえ、外務省シャインウィークスサイドイベントして開催。

◎『2014年の提言・報告書』はこちらから

(2016/12/2更新)