イコール・ペイ・デイ

WEPsって何?

WEPs

WEPsとは、女性のエンパワーメント原則(Women's Empowerment Principles) のことで、2010年3月に国連のグローバル・コンパクト(UNGC)とUNIFEM(現 UN Women)が共同で作成しました。企業がジェンダー平等と女性のエンパワーメントを経営の核として取り組むことで、企業の活力と成長を目指し、女性の経済的エンパワ-メントを推進させるための原則をうたっています。

日本でも、内閣府男女共同参画局がプロジェクト・チームを立ち上げ取り組んでいます。日本BPW連合会では、名取はにわ理事長が内閣府の男女共同参画推進連携会議のメンバーとして、今年度は連携会議の「国際的に連携した女性のエンパワーメント促進」チームに属し、積極的にこのWEPs促進に取り組んでいます。
さらに、国連ウィメン日本協会、グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワークと日本BPW連合会が「WEPs日本連絡会」を設置し、緩やかな連携を図り、WEPsの啓発・実施推進に努めています。

また、BPWインターナショナルでも、WEPs発足当初より、歴代会長が力を入れ、国際的なWEPs促進に取り組んでいます。

WEPs Link

男女共同参画推進連携会議「国際的に連携した女性のエンパワーメント促進チーム」では、女性のエンパワーメント原則(WEPs)を分かりやすく解説したリーフレットを作成しています。下記よりダウンロードしてご覧下さい。
 印刷用リーフレット(A4版4P) [PDF:1.628MB]



女性のエンパワーメント7原則 (内閣府)

  1. トップのリーダーシップによるジェンダー平等の促進
  2. 機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃
  3. 健康、安全、暴力の撤廃
  4. 教育と研修
  5. 事業開発、サプライチェーン、マーケティング活動
  6. 地域におけるリーダーシップと参画
  7. 透明性、成果の測定、報告

関連リンク

女性のエンパワーメント原則 (内閣府男女共同参画局)
国際的に連携した女性のエンパワーメント促進チーム (内閣府男女共同参画局)
UN Women (内閣府男女共同参画局)
UN Women日本事務所
UNグロ-バル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク
国連ウィメン日本協会
UNグロ-バル・コンパクト 〔英文〕
BPWインタ-ナショナル 〔英文〕


仕切りライン
>> 活動の一覧へ戻る