GGGI

ジェンダーギャップ指数(GGGI)改善に向けて

日本BPW連合会は、ジェンダーギャップ改善に向け、世界経済フォーラムが2006年以降毎年公表しているジェンダーギャップ指数(GGGI)に注目し、2014年より関連イベントを実施すると共に、その議論から提言をまとめて関係方面に提出している。


ジェンダーギャップ指数(The Global Gender Gap Index =GGGI)とは

男女格差の度合いを示す指数で、この数値を公表している世界経済フォーラム(WEF:本部をダボスに置くNGO)は、男女格差の無い社会がより社会を発展させるとの認識から、男女格差(ジェンダーギャップ)の解消を目指して、(1)男女格差を測定する指標を設定し、(2)それぞれの格差示す数値を出してこれを基に、(3)国別に順位をつける方式を開発した。2006年以降、「ジェンダーギャップ指数(Global Gender Gap Index = GGGI)」として毎年その数値を公表してきた。

男女格差の指数(ジェンダーギャップ指数 GGGI)は、基本的には「女性÷男性」で計算され、男女の格差が無くなれば指数(スコア)は「1.000」に,格差が大きければ「0.000」に近づく。男女の格差を測定するために、政治・経済・教育・健康の4つの分野を設定し、それをさらに分野毎に、2次指標(sub-index)を設定している。政治は3、経済は5、教育は4、そして健康は2と合計14項目ある。その各々について、女性÷男性で指数を出し、その総合指数(スコア)をまとめて国の指数となる。


2021年男女格差指数 (GGGI)速報

男女格差解消を目指して- Part7
2021年男女格差指数(GGGI)120位/156か国と最低クラス
特に、政治分野は147位と連続ワースト10

2021年3月30日に世界経済フォーラムが発表した、ジェンダーギャップ指数(The Global Gender Gap Index= GGGI)で日本の男女格差は120位/156か国と相変わらず下位クラスのままとなった。
全ての分野で順位を下げたにもかかわらず、総合で120位に踏みとどまったのは、いわゆるギャップ指数の若干数字が上がったからに過ぎず、日本の男女格差がまだ深刻であることは明らかである。


■世界全体では…
右の表が、今回のGGGI上位10か国である。ギャップ指数(男女平等であれば1.000)は、ほぼ0.8以上であり、12年間続けて1位はアイスランドである。昨年のCOVID-19パンデミックへの迅速かつ的確な対応策を実施する姿勢や、国民への呼びかける言葉などにおいて注目されたのが、女性元首たちのリーダーシップであった。("青*"印は女性元首の国)
世界全体で、男女間格差の解消に要する歳月の予測は、昨年は99.5年だったが、昨年1月からのCOVID-19感染症拡大が、女性により大きな影響をもたらしたことによって、135年かかる、つまり、一世代分を喪失してしまったとして、その解決のために、以下の2点を強調している。

1)全体に、教育や医療へのアクセスについては平等に近づいたものの、女性は同じ機会を得られずにいるだけでなく、経済的なハードルや政治参加の低下、職場にとどまることの難しさに直面している。
2)介護分野への投資、平等な雇用慣行、スキルアップを重視した戦略や政策が求められる。



■国際社会から取り残される日本の背景には・・・
政治分野は147位(前年144位)、経済分野は117位(前年115位)、教育分野は92位(前年91位)、そして、健康分野でさえ65位(前年40位)と、いずれも低下している。他の国が、どんどん男女格差を縮小しているのに、日本格差を広げているのは、先の森喜朗氏発言問題でも露呈したように、男性優位、男性の意見が正しいという根強い文化、アンコンシャスバイアスが根強く残っていることも一因である。



■分野別の前年比較では…

【政治分野】女性議員比率では前年と比較し世界平均は 0.298→0.312 とアップしているのに、日本は 0.112→0.110、順位は135位→140位と下げている。 ワースト10で、日本より下位の国は、カタール、ナイジェリア、オマーン、イラン、ブルネイ、クウェート、イエメン、パプアニューギニア、バヌアツとなっている。 この数字に反映される日本の衆議院議員の女性議員が低比率にとどまっている間に、他の国はクオータ制採用などにより女性議員を増やしていることに注目。

【経済分野】賃金格差でみると、世界平均は 0.613→0.628 と改善しているのに、日本は 0.672 (67位)→0.651 (83位)と格差が広がり、順位を下げている。 賃金格差はそのまま年金格差にそして所得格差につながっていく。

【教育分野】高等教育の指数は変わらないが、順位を下げており、これは 女性の高等教育への進学率が日本を上回る国が増えているということで、日本での女性の大学進学率を増やすことの必要性を示している。

【健康分野】一つの要素である出生時性比率では格差はないが、もう一つの健康寿命では、日本は実数で男性は 昨年と同じで、女性は 1.4年短縮し、格差は 1.06→1.04 と近づいたが、順位、指数ともに下降した。女性の健康寿命について対応を検討することが課題となる。



日本BPW連合会は、男女格差解消を目指し、GGGI データを基にイベント開催・ブックレットを発行してきた。しかし、例年年末に発表されるデータが今年度は3月末になり、イベントやブックレットは次年度 実施予定。

過去の各種資料

■「GGGI2019 BPW分析」他、GGGI関連の過去の資料についてはこちらをご覧ください。

(2021/3/31更新)